破損箇所の連絡

建設中の家

賃貸契約を契約した際に最初から建物の一部が破損していたと言う場合もありますが、このような際にはどのような行動をとれば良いのでしょうか。賃貸物件を契約した直後に破損箇所を見つけた際には自分で修理をする必要はありません。自ら修理をすると損をしてしまう事になります。契約してすぐの場合は綺麗な賃貸物件を使う事ができる義務があります。大家さんや不動産業者がこの義務を果たせていない事になるので、すぐに連絡を取って直してもらうなどの行動をとった方が良いです。連絡する事によって直してくれる業者の方もいますし、少し期間が経過してから修理をしてくれる場合もあり、対応は様々ですが直してもらうようにしなくてはなりません。

破損箇所を見つけた際には家具などを入れないようにしましょう。家具などを入れた状態で破損箇所の連絡をしても家具の搬入の際の賃貸物件を傷つけてしまったのではないかと勘違いされてしまう場合もあります。勘違いをされてしまう事によって、自分で賃貸物件を修理しなくてはならない状況になってしまう事もあるので家具はなるべく入れないようにしましょう。また家具を急いでいれなくてはならない、保管しておく場所がないと言う際には家具を入れる前の写真を取っておきましょう。この際に注意しなくてはならないのは必ず日付が残る撮影の機械を使う事です。写真を取っても日付がわからなくては証拠にはならないからです。このような注意も必要です。