住みやすい家

作業する男性

新築一戸建て住宅を検討している場合、注文住宅にするか分譲住宅にするか迷う人も多いようです。この二つの違いは、自由に設計することができるか、それともあらかじめ設計は決まっているかの違いです。このわずかな違いが大きな違いを生むことになるのです。 価格面での違いは、注文住宅のほうが分譲住宅よりも高く設定されていることが一般的です。これは、注文住宅が自由設計であることが大きな理由の一つです。注文住宅はいわばオーダーメイドなので、その一棟だけのために材料を用意しなければならないので、どうしても高くなってしまうのです。 ちなみに注文住宅の平均価格は2000万円です。これは全国でブラスマイナス200万円ぐらいの差はありますが、建物の価格はどの都道府県も大して変わりません。

この場合、後は土地をどうするかです。土地をすでに持っている場合は、そこの上に住宅を建てるだけですが、土地を持っていない場合には別途土地を購入しなければならないのです。土地の価格は東京と北海道では全く違いますが、100平米であれば1500万円ぐらいが平均値のようです。そうだとすれば、注文住宅は3500万円が必要になるのです。これに対して、分譲住宅の平均価格は3000万円と言われています。 この400万円を出せるかどうかが注文住宅を建てるか、手堅く分譲住宅を購入するかの分かれ道なのです。住宅の価格は年収の5倍までであれば無理なくやりくりができるため、注文住宅では世帯年収が700万円、分譲住宅は600万円が目安になります(実際はローンの金利も含めるためもう少し年収が必要)。